10マイルでも捨てられない!

1000円ネットショッピングするにも必ずポイントサイト経由必須。少しでも貯まる事に喜びを。そして修行へ。

クレジットカード返金に対する付与ポイントの扱いは…

三井住友カード株式会社が主催するキャンペーンに「期間中にANAカードを合計100万円(含む消費税等)以上ご利用で、もれなくワールドプレゼント100ポイント(最大1500マイル相当※)をプレゼント!!」 というものがありました(この場合の期間とは2016年12月~2017年3月、ポイントは7月明細につきますとなっています)
私の保有 ANA VISAワイドゴールドは対象になりますのでエントリーしていました

12月下旬にカードを発行していましたので、たぶん100万円まではいかないだろうと、あまり意識はしていなかったのですが、いろいろな支払いをしていったところ、3月下旬なんとか届きそうな感じでした

最後に、夏休みのANA便 羽田-沖縄 片道(旅割75)13,590円をここで購入すれば超えます
早めですが購入し、なんとか超えました(100ポイントでも貰えるだけでもお得)

4月に入り数日前に、ふとANAのサイトを見てみると、いつの間にかこの便が9,090円に値下げされていました
払い戻しても
13,590円-払戻手数料430円=13,160円 が戻り
9,090円で再度購入
払戻手数料を支払って取り直しても 差額 4070円がお得になります

仮に4/16日に払い戻し、再度購入した場合、6月明細には、
4/16 -13,160円(実際にはこの日より後に返金処理の可能性があり)
4/16 9,090円
となります。
通常ポイントは、-13,160円に対するポイントが引かれ、9,090円に対するポイントがつくはずです。返金するのでポイントをその分戻すのは当たり前です

さて、ここで気がつきました
上記のキャンペーンポイントはどうなるのだろう…
正確には3月までの使用分が100万円を切ることになります
それが付かないということなのか…同じ3月内の返金なら、勿論差引で合計は変わらず付かないはずですが、時間差では経験がないので不明です

もし、100ポイント(10マイルコース=1,000マイル)がつかないとなると、
1,000マイルか、4070円か どちらを取るか迷っています
微妙なところです…

たぶん取り直すとは思いますが、ポイント付与があったかどうかのご報告は後日談にて

(追記)4/17になって、楽天モバイルが3/31支払い分を計上してきましたので、今回は100万円を越えてしまい、100ポイントがつくかどうかの検証ができなくなりました